« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月31日 (火)

コブフウセン魚!

Tott1
冬の鳥取砂丘、想像以上にすばらしい景色です。

Tott2

雪に下は綺麗な砂


Tott3

冬に砂は水分を含んでいて色合いが違います。


Tott4

でもさらさらで靴が汚れることはありませんでした。


Tott5


Tott6

人も思いのほか少なくて、雪道を車では来にくいでしょうから。


Tott7

なんか別世界のような。
Tott8

日本海の海は力強い。
Tott9

波が綺麗に立ち、いつまで眺めても飽きることはありません。


Tott10

結構な距離を頂上まで歩かないといけませんが空気が澄んでいて、歩くのも楽しいです。
Tott11

クレーター?
Tott2_2

こんな感じで人がいると、ゲレンデ?
Tott13

雪が溶けて川になっています、自然が織りなす神秘です。
Tott14
川から池に成長。

Tott15

頂上から見る日本海。
Tott16

近年砂丘の砂がどんどん減っているようですね。
Tott17

あと10年もすれば、かなり砂がなくなり、砂丘も小さくなるかな。
Tott18
天気は暗ーい曇り空。

Tott19

ときおり少し明るくなるけど。
Tott20
さあ頂上から降りますね。

Tott21

ほんと長い
Tott22
おいしいんですかね?

Tott23

漁港までいき、カニを物色中
Tott24

量も豊富で、金額もピン切り
Tott25

初めてうにどんなるものを食べました、たまごにしょうゆをかけて食べます、やはり新鮮な味には違いありません。
Tott26


Tott27
コブフウセン魚の赤ちゃんです、非常にめずらしいようです。

Tott28
これは親。

Tott29

さかなをいろいろ繁殖させて研究してる所です。
Tott30
さかな君も見にきたらしいですよ。

Tott31

日本海らしい、景色。
Tott32

さお、選べ終えて買って帰りますか。
Tott33

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月30日 (月)

雪の砂丘!

あまり雪の砂丘を見る機会はないと思いますが、とてもすばらしい景色を堪能させていただきました、まるで別世界にような時間でした、また日本海の冬の海のすばらしい事、空気がまた研ぎ澄まされていい感じでした、雪の砂丘いいですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

pist rap!

映像と音楽がとても心地よい、自然なんよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

CT110AG・12V・12VCOIL・T4S MUFFLER!

Aninstallationcarandalow-speed accelerator response are obviously different, and it is very good.

CT110オーストラリアモデルを12V化・イグニッションコイルも12V用にマフラーはT4Sマフラー、あきらかにアクセルのレスポンスが低速域でも違う、効果ありです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

nike SFB!

Nike_sfb_b1

またまた、色違いで買ってしまいました、これ意外と履きやすく、ソールもしっかりしてるんで、独特の履き心地がくせになりました、完全なブーツタイプだと車が運転できないとか、あるでしょ、これはスニーカーの感覚で履けてしまいます。

Nike_sfb_b2

も少し丈の長いのが出るみたいだけど、海外サイトではいろんなカラーも出てて面白い展開なのに、丈の長いのも欲しいな~海外ではネーミングがSPECIAL FIELD BOOTになってるけど、どうなんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

NIKE ZOOM FORCE1!

Nikeboot11

ジュニアが手に入れてナイキのスノーボードブーツです、スニーカーテイスト満載です。



Nikeboot22

他のブランドとは考え方が違い、見た目重視ですが、性能や履き心地は使ってみないとわかりません、海外でしか基本的には販売していませんので、日本人の足形に合うかどうかはわかりません。


Nike_boot3

でも随所にいろいろ工夫があり、面白いです。

Nike_boot4

まんまエアーフォース1です、カラーも形もカワイイです。

Nike_boot5

箱もとくにスノーボードの表記はなしです。サイズ表示が相変わらずいい加減で27,5cmで実際26,5cmの人用です。
Nike_boot6
箱も綺麗なカラーです。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

patagonia das!

Das1

2004年モデルのダスパ―カ―です、実は同じカラーを2004年にパタゴニアストアーで買っていましたが、すでに家内にとられてかなりくたびれていたところデッドストックを見つけてしました、このモデルまではシンプルなカラーの最後で、とくにこのキャベツカラーはいい色だと思います。


Das2
いままで、ノースフェイスを始めかなりの薄手あるいは厚手のジャケットはためしましたが、このダスパーカーの軽さと保温性に勝ものいはまだ私は知りません、もちろんスノーボードなどでも十分使用できます、実証済み、ただパタゴニア製品は中に着こむ事を考えてサイズが大きいこと、そこがサイズ選びの肝ですね、XSでも普通体系の男の人でも着れますが、やはりSサイズはベストでしょうね。長く持てる最高のアイテムには間違いありません。もうパタゴニアはやめようとほとんど処分したんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

patagonia!

Patagonia_f

久しぶりのパタゴニアのフリースです、目の詰まった感じで赤のパイピングが気になって、なをかつ、普通のパーカーみたいな感じでいいです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)

白クマさん!

Beerpor

大きさと造形のバランスがいい、柔らかい素材なのもいい、足の裏がまたかわいい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

怪獣ブースカ!

Busuka

愛してやまない、ブースカ君、来ました!

Buska1


Buska2


ビレバンの説明から

ブースカは、1966年に日本テレビでドラマ化され、「バラサ バラサ」「シオシオのパー」などブースカ語が大流行し、今でいうところの「社会現象」を巻き起こした大人気快獣。ブースカは、怪獣とはいえ他のキャラクターとは違い「可愛らしさ」「親しみやすさ」を表現するものなので、“特撮ヒーローのスケールモデル”と称されたウルトラマンのフィギュアを作って有名になった、海洋堂所属の木下隆志氏が造型を担当することになり、木下氏曰く、「全身を覆う毛の表現は、造形ではたいへん難しいものですが、なんとか雰囲気が出せたのではないかと思います。」ブースカのキャラクターを印象付ける付属品として、大好物のラーメンにもこだわった。これまで食玩などで培った技術を駆使し、塗装やどんぶりの模様にいたるまで劇中の「美味しそうな」ラーメンを目指した。専用の持ち手もついているので、食事シーンが再現できる。是非、ラーメン屋さんのオーナーの方は、ブースカを置いて”接客のお手伝い”をさせてほしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

エコバック!

Eco_back


最近古着屋さんでもエコバックが結構おいてある、日本と違って歴史があるので面白い形や絵柄の物が沢山あり、楽しめる、いい感じにやれていて気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

MERRY CHRISTMAS!

Merry2012b
クリスマスカードや年賀状はすばらしい、やり取りだと思います、皆さんお元気そうで何よりです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

生田川神社2012!

Ikutagawa1

三が日が終わっても、生田川神社は参拝客でこのありさま。



Ikutagawa5

まだまだ存在感あります。

Ikutagawa6
三宮の街中にあるロケーションがいいです。

Ikutagawa7

年季の入った老木たちが、まるで話かけるように。
Ikutagawa8

いくつもの時代をい見てきた、生き証人。

Ikutagawa9

元気です。


Ikutagawa10

いい感じで、新しい生命が息づいてきています。
Ikutagawa11

北野も観光客で多いです、正月休を延長して連休まで休んでる方多いようです。


Ikutagawa12

北野天満宮の階段、鍛えてるせいかぜんぜん平気で登れました、左からカラスの攻撃?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白戸軒!

Shiratoken1

ソフトバンクでソフトバンク利用者がもらえるラーメンです、お箸も。


Shiratoken2
食してみましたが、これがなかなか本格的で、いちから作ってますね。

Shiratoken3

これ市販したら売れますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

冬の飛行船!

H1

京都でも見ましたが、飛ばす範囲が広いな。


H2

風のない日は快適でしょうが、ひとたび風がふけば大変です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モッさんパン!

Motusanpan1

いがいにおいしい、チョコ味 モスバーガーで売ってます。
Motusanpan2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

三等三角点!

Nagataa

長田神社から、高取山の三等三角点をめざしました、長田神社の三が日は道路も止めての大がかりなものでした、屋台の食べる所に並ぶ人の多いのにびっくりしました」。

Nagatab

辰!
Nagatac

まるで映画に出てきそうなロケーション、みーさんを綺麗にするおばさん、偉いね。
Nagatad

門松見なくなりました、昔は正月と言えばこれでしたが。いわゆる魔よけ
Nagatae

綺麗におしゃれしているようです。


Nagataf

心臓やぶり、登りはきつい。
Nagatag
神戸の景色が一望できますね。

Nagatah
竹林も絵になります。

Nagatai
高取山、頂上

Nagataj

いいかんじで日が落ちてきました。
Nagatak
淡路島もよく見えました。

Nagatal_2

カムナデ山ってゆうんですね。アザハゲヤマ?
Nagatam
黒龍 白龍
Nagatan
いよいよ三角点、山の標語は面白い。

Nagatao
神の山

Nagatap_2

ここの神社もとてもい、感じがいいです。荒熊祖霊社
Nagataq


Nagatar
三角点って知ってました、地球上の位置を測る測量の基準点のことです、こんな身近にあったんです。

Nagatas

なんか妙にかわいすぎ。
Nagatat
三等三角点!

Nagatau
ここがまさに点!

Nagatav
神戸の街すこしガスってますが、気持ちいいです。

Nagataw
きつねさん、決まってるね。

Nagatax

なんでもかなう不思議な神社。
Nagatay

騒然としてるけど、厳かな感じ、とても奇妙な場所。
Nagataz_2

日が落ちてすばらしい、絵を見せてくれました。
Nagatazz

登りは汗をかくほど暑くなりましたが、帰りはすこし寒い。
Nagatazz1

まるでアートを見せてくれてるような樹。
Nagatazz2
2度ぐらい。

Nagatazz3

3度ぐらいかな、ぜひ三角点行ってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

大トリックアート展!



Trik48

大丸心斎橋で開催している、大トリックアート展にいきました。大丸カードをお持ちでしたら入場料金は半額になります。

Trik49_2

デジカメでどんどん撮影できるとゆう意味が入ったらよくわかりました、普通絵画は撮影不可ですから。


Trik1

最初は係の女性が説明してくれます、これは体を動かすと絵がゆれたりするトリックアートですが、ここからの距離だと普通の絵に見えますが、近づくと、建物が立体的に作られていて錯覚がおこるのです。


Trik2

ここからはすべて飛び出して見えるアートの数々です、デジカメで撮ると飛び出し具合がよーくわかります、画像に撮るのが面白くて面白くて。


Trik3

額からはみ出してる部分と影の所がうまく考えられて飛び出して見えます。


Trik4
絵柄などではあまり飛び出して見えないものもあります。

Trik5
これは凄く飛びだして見えますね。

Trik6

あとは人物を並べれば面白い画像がとれます、センスの問題!


Trik7
すごくリアル。

Trik8

やっぱりサメは外せません。
Trik9

こんな感じです。
Trik10

まるで手で触ってるような。
Trik11

これなんかかなり出てます。
Trik12

ピンボケですみません、床まで絵があり、奥行きが凄くでています。
Trik13

これもアイデアだな、撮るのは性能のいいカメラの方が余計にリアルに撮れます。
Trik14

これかなりお気に入り。
Trik15

撮るのも慣れてきてコツがわかります。
Trik16

いいですね~
Trik17
これは油絵。

Trik18

本当に額から出てるような。
Trik19

絵の女性に見つめられています。
Trik21

ブランコもリアル。
Trik22

手の部分がリアル。
Trik23

これはかなり出てる感があります。
Trik24

トリックだけでなし、絵もとてもうまいです。
Trik25

奥行き感があります。
Trik26

これもまるで建物の中にいるような感じで撮れてしまいます。
Trik27

Wカップル?
Trik29

出過ぎたチンパンジー
Trik30

絵もとてもうまく描けています。
Trik31
これも面白い。

Trik32

完全に出てる。
Trik33

ナポレオンも凄く飛び出てる。
Trik34
アニメチックな画像もいいですね。

Trik35

なんか、どっちが本物かわからん。
Trik36

これも面白い。
Trik37

ここは若い女性になぜか人気でしたね。
Trik38

バックフリップもこの通り、すばらしい。
Trik39

鏡の部屋、2人いないとできません。
Trik40


Trik41


Trik42
これは隠し絵のさる。

Trik43

隠し絵の犬。
Trik44

うさぎ
Trik45

これもうさぎ
Trik46


Trik47

これもよくあるパターンだけど、完ぺき、50枚ほど飾ってありますが、とても面白いですカメラ持参でぜひ、お薦めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nike Sportswear x Fragment design !

Sof_mag1

もうひとつの目的は北堀江のソフの初売りでのエアーマグマ、毛先のながいそれでもって防水らしい、スェード素材好きなんですよ、とくに毛先の長いのが。


Sof_mag2

モバイルがあれば即座に電話で確認できたりで、とても買い物にも役にたちます。


Sof_mag3

いつもの特徴的なサイドのジッパー、イエローがいいですね。


Sof_mag4

フラグメントのいマークはもの凄く控えめに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡本太郎アートピースコレクション第2集!

Art1

梅田に行った目的の一つがこれ、万博で売っていた第2弾とゆうことで。キディランド情報です。


Art2

一応海洋堂さんが作っているんだけど、質感は完全にプラスチックで、万博のは重量感がある石のような素材、同じ価格でなんだかがっかり、もっとかんばって欲しかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012大阪梅田!

242a

2日は大阪梅田にでかけました、道は非常に空いていますが、新しいコンコースは結構な人が動いていました。


242b

三番街は変わりませんね、学生の頃から雰囲気はそのままですね。


242c

ほんと短期間で、よくこれだけの建造物が作れるものです、人間て凄いです、キャッチコピーも大阪らしく、梅田に来たぜ!三越や伊勢丹もすごい人。


242d

このロンドン時計も相当古い。


242e

梅田から心斎橋まで歩きました、心斎橋は格段に人が多くて、活気があるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月)

2012年 京都!

12a

さあ、2012年の1日は久しぶりの京都です、思ったより日差しは暖かくて動きやすいでした、このブースカ欲しかったのに在庫なし、とほほ~


12b

子供たちの勉強ができるようにと、知恵と学問の神様へ神頼み!


12c

ここはいつ見てもオープンでいいですね。


12d

木に願いを込めたものをつるします。


12e

すごく絵になります。


12g

京都にもバーガーキングあるんですね、マークがいい。


12h

かももこうして見ると保護色だとゆうのがわかります。上から見ると川の色合いと同化してます。


12j

家庭に福をもらいにきました。

12i

髪の毛も仏像になっていて独特の雰囲気があります、ここのお坊さん好きです。

12k

まだ焼き物をしてる所が京都にはあります。


12l

ここでは商売繁盛をもらいます。


12m

京都は本当に狭い路地にいろんなものが残っていていくら歩いても飽きることがありません、綺麗にのこされて蔵の窓がまるでアートのようです。


12n

上にある扉、なんでこんな上のあるのかな?


12o

こうゆう家の中にある路地、いいです。


12p

もう住んではいないようですが、古い建物です、洋館と和風が混ざったような建て方です、やっぱ京都は面白いな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

WORLD WIDE TOUR BE@RBRICK 1000% fragmentdesign

Kuma1

年内最後の買いものが送られてきました。


Kuma2

MEDICOM TOYもうおわかりでしょ。

Beer_fragaBeer_fragb

これこれ、とっても欲しかった、今年はおしまい。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »