« 50YEARS OF MINI! | トップページ | Ganbaro Nippon! »

2011年7月 3日 (日)

追憶の映画ポスター展!

Ootani1

野口久光、当時1950年頃の映画のポスターを描いていた方です。

Ootani14

もともとは大谷さんのお屋敷だったと思います。

Ootani13

古い映画のポスターも沢山残っているもんですね、展示室に入ると古いカビ臭いにおいがプーンとしてきます。TOWAとゆう会社の配給ですが、もともとは東和商事が始まりで、映画の輸入から始まっているようです。

Ootani01

この絵を見て見に行こうと思いました小学生の頃体育館で初めて見たのが禁じられた遊びでした、戦争の悲惨さを前面に押し出した映画で、巨匠ルネ・クレマン監督作品、かわいそうで涙なしには見れませんでした、今でもこの音楽を聞くと、当時を思い出します子供の時にはかわいそうぐらいしかわかりませんでしたが、大人になって本当のこの映画の意味がようやくわかるようになり、それが人生かなとも思います。初めてガットギターを手にして弾く代表的な曲でもあります。

Ootani02

1930年~1950~1960年頃の映画のポスターの展示です、絵の感じはすべてこんな感じです、テレビ放送が始まるまでは唯一の娯楽でした、もちろん手書きのポスターがあたりまえ、それを描く画描きさんがいるのでした。

Ootani2

展示ポスターを見終えて、裏に庭があるのが見えていたので、そちらの方も気になり、覗いてみました、芝生のなかのモニュメント牛の鼻みたい。

Ootani3

色いあいがおもしろいな、夏の感じではないね。

Ootani4

いろんな所にモニュメントがあり、それも綺麗に整備されています。

Ootani5

これだけの庭園があれば、飽きることなく毎日過ごせそう。

Ootani6

かならずお屋敷やお家の裏には水の出る所を作ってあります、もちろん使っていない古い井戸もありました、水まわりは大切な聖域ですから。

Ootani7

なんだかアートのような植木がそこらじゅうに植わっています。

Ootani8

たぶん大谷さんと家族の銅像だと思いますが、これけっこう怖いです、子供さんは鳩を手にしたり。

Ootani9

なんか溶け出しそうな岩のモニュメント。

Ootani10

水琴窟。

Ootani11

水琴窟こんなのがあるお家は、お屋敷しかないいかと。

Ootani12

なんとかスモークとかゆう名前だったと思います、実際はもっとほわほわで綿ぽく面白い木でした、庭園がなかなか私には面白くて他に誰も見てませんでしたが。

|

« 50YEARS OF MINI! | トップページ | Ganbaro Nippon! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 追憶の映画ポスター展!:

« 50YEARS OF MINI! | トップページ | Ganbaro Nippon! »