« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月27日 (火)

坂本竜馬の500円硬貨!

Ryouma500en1

高知限定とか騒がれてましたが、普通に交換できました。

Ryouma500en2

企画てきには、今乗っかるのがよいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Levis 501xx1886Model!

1886lv1

最近のリーバイスは501xxの復刻版を年式でだしています、年式でこまかなディテールが異なり、時代背景をうかがい知ることができます、このモデルは1886年。

1886lv2

もちろん未洗いのリジットリンスです縫い代が細いとゆうか、ステッチの幅が細いですね、生地も薄めで履きやすそうです、サイズ表示が手書きなのがよいです。

1886lv3

ポケットは右側に一つのみです、とてもいい形でとてもよい色です。

1886lv4

股上も深くて好みです、暑くなったので、履くのは秋ですね、何本もジーンズありますが、いつ履くのとゆうぐらいあります、27,000也

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

イタチ!

Itachi

最近よく家の周りで見かけます、以前は夜しか見なかったんですが、最近では夕方に見ることが多くなりました、とても綺麗な毛並みに驚かされます、それでもかなりな肉食で攻撃的な動物らしい、自分より大きな獲物を平気で捕獲するらしいです、小学生のころ兄貴が飼っていた伝書鳩がよくこいつに食われていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

名犬LUKE!

我が家の長老LUKEです、暑いのでこの姿勢で少しでもクーラーの風を受けやすいようにしています、11年目です、怒ってるのかくしゃみなのかよくわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちえの神さん!

Makiochi1

神社での夏祭りもほとんど終わり、神社は祭りの後で、さびしいです。

Makiochi2

牧落にある、ちえの神さん、トイレの神さんではありません。

Makiochi3

なんか遺跡のような、不思議なもの、くぐると賢くなるとか。

Makiochi4

ちえの神さんの祠!

Makiochi5

よくありますよね、くぐられましたか?

Makiochi6

八の字に3回がみそです、蘇民将来

Makiochi7

いい感じです。

Makiochi8

これだけ暑いと、ハトも生死にかかわるので、みんなで水浴びがんがん入ってました。

Makiochi9

ここも比較的涼しいのでしょうね、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

Life in Day!

大変面白い試みだと思います、参加しませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Primeval3!

プライミーバルの第三章がはじまりましたね、最近面白いドラマがなかったんで、軽く見れて、いかにもイギリスぽい、ドラマで、ファッションなんかも面白いね、ただ話のつじつまがずいぶん合わなくなってきてるけど、まあ多めにみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

文鳥!

Buncyou1

何日か前から預かってる、文鳥の子供たち、昼間はうるさいぐらい泣きますが、こんな姿を見せられると、かわいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石切さん!

Ishikiri2

生まれて初めて石切さんへ行きました、難病も治すとゆう、御利益がある有名な場所でもあります。

Ishikiri3

説明がないので、経緯はわかりませんが躍動感ありです。

Ishikiri4

因幡の白ウサギの時代?アマテラス?

Ishikiri5

綺麗な御神木。

Ishikiri6 

ここで真剣にお参りすると、本当に癌や病気が治ったり、いつまでも元気でいられたりと、事実が多いようで、本当に沢山の方がお百度参りをされていました、悪いものを切るとゆうところから名前の由来があるようです。

Ishikiri7 

ものすごくいい言葉で、いかに自分が小さいか認識されます。

Ishikiri8

これ欲しかった、焼いてるところを見てて飾りに欲しい。

Ishikiri9

参道には、健康に関係あるものが沢山お店をだされていますが、ここの漢方薬効きそうですね。

Ishikiri10

相当古いお店だと思います。

Ishikiri11

ほとんど人が入ってない、駅より上にまだ神社がありますが、相当な急な坂道で、自分もばてばてでようやく登りきりました、一応滝です。

Ishikiri12

亀の置物に願いを込めて、相当な数あります。

Ishikiri13 

坂の一番上あたりにある、宗教団体の不思議な建物、この手はガラスにエッチングされたものです。

Ishikiri14

爪切地蔵、弘法大師が一晩で、爪で彫ったらしいです。

Ishikiri15

ほんと歩くといろんな発見があり、まだまだ見ていないものが沢山あるわけで、昔のものを見るチャンスは面白くて、とても興味深いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

瓢箪山稲荷神社!

Hyoutan1

東大阪にある、瓢箪山稲荷神社にいきました、ついに梅雨が開けたようで、非常に朝から気温が高く蒸し暑かったです、不快です。

Hyoutan2

夏祭りでも有名なようで、最終日とゆうこともあり、テキヤさんはがんばって用意に汗だくでした。

Hyoutan3

古墳の横にある特異な神社でもあります。

Hyoutan4

水をだすきつねさま。ポーズが独特です。

Hyoutan5

綺麗なきつねさま右。

Hyoutan6

きつねさま左。

Hyoutan7

ここの社務所がなかなかいい感じでした、アルバイトの男の子がすこし場違いな感じでした。

Hyoutan8 

3D立体の彫り物、足がででる。

Hyoutan9

鳥居の赤とグレーのコントラストがなんともいい感じです。

Hyoutan10

本殿、ものすごくローカルな場所にありますが、身近な感じでよいかもしれません。

Hyoutan11

まあ、お稲荷さんなんで、きつねさんはそこらじゅうにいらっしゃいます。

Hyoutan12

ちょっと宇宙人ぽい、すこし怖い。

Hyoutan13

さい銭箱にもひょうたんが。

Hyoutan14

御神木、元気です。

Hyoutan15

神様のきつねさんが住んでられたようです、古墳です。

Hyoutan16

この奥が古墳のようですが、わかりにくいです、このきつねさんはすこしがっちりしてて、細い姿がおおいですが、イメージが変わりますね。

Hyoutan17 

月の形の飾り窓見えますか、いい感じです。

Hyoutan18

豊臣秀吉候の名前がどこでも出てきます、ほんとによくあちこち動く殿様です。

Hyoutan19

御神木正面。

Hyoutan20

見てくださいこの青空、夏です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

CAT SHIT ONE!

Cat_shit_one

始まりましたね、やはり日本の技術の素晴らしさはまだまだ、世界に誇れると思います、細かな表情や味付けはまねできるものではないですね、すべての裏付けがありできることです。

Cat_shit_one2

まるで、見ていて現実かと思ってしまうほどリアルです、でもうさぎの足やしっぽの動きがとてもかわいいです、ハードなものとかかわいいものを両立させる日本の得意技ですね。是非ご覧になってみてください。

http://www.youtube.com/IDAentertainment

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

創業270年!

Nishiki

京都錦の漬物屋さん、風情がありますね。

Leica

ライカの看板のかわいいこと、京都はだてに外観の規制がある町ではありません、綺麗ですすべてのディスプレイが!

Kikusuihoko

創業250年だか270年だかわすれましたが、100年超えるとそんなことはあまり重要ではなくなりますね、どうですかこの躍動感、まるで本当に泳いでるように見えませんか。Establishment of a business 250 years

Kikusuihoko2

すばらしい仕上がりです、伝統のたまものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月14日 (水)

I Will Survive!

アメリカ人がみんなで飲んだりして必ず歌う、盛り上がる曲、60年代の曲なんだけどいまだに当たり前のようにいろんなミュージシャンが歌っています、黒人の方やっぱりうまいな~本家はGLORIA GAYNORさんです、この曲がかかるとみんな踊りだすんですよ、いいな~私は生き残る?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

steven!

Steven

大変うれしい事がありました、5年まえに我が家にホームスティに来た、STEVENとFACE BOOKで見つけて連絡がとれました、元気そうでBREDの方はもう結婚したようで、まだ21歳なのに。

Found it in STEVEN and FACE BOOK that came to my home for homestay was very glad five years ago, and was able to take communication; though seem to be cheerful, and BRED seems to have already married, and is still 21 years old.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

祇園祭!山鉾!

Yamaboko1

今週も京都です、雨の中がんばりました、これを見たかったんです。

Yamaboko2

駐車場の5階から、雨のなか組み立てが進んでいます。

Yamaboko3

町内会での参加ですので、15~17基ぐらいあると思います、これはすべての方の気持ちで始まる、お祭りです。

Yamaboko4

山鉾に乗る高さがこの高さになります、マンションの2階に無造作に建てられていますが、もちろん無償の提供になります。

Yamaboko5

これはどこにつかうんでしょうか?

Yamaboko6

これがメインの柱、長いですワラを巻きますが、すべてに意味があるようです。

Yamaboko7

若い方があまりいないのが残念ですが、まあ経験も必要ですので、このオープンな見せ方は京都以外ではないいでしょう。

Yamaboko8 

黙々と作業は続きます。

Yamaboko9

そばで写真を撮ろうがだれも怒る人いません、なんとも誇りをもっているんでしょね。

Yamaboko10

この辺の巻き方が難しそうです。

Yamaboko11

このまっすぐに長い木なかなか見つかるものではないです。

Yamaboko12

外人さんもよく知ってるようで、結構見に来てました。

Yamaboko14

これが本体部分。

Yamaboko13

もちろん釘などは一切使わずに組み上げる、巻き方が芸術的です。

Yamaboko15

大きなプラモデルです。

Yamaboko16

これだけ見てるとなにかわかりません。

Yamaboko17 

この部分だけでビルの3階ぐらいありました。

Yamaboko18

各町内会で組み上げる場所が決まっていて、この穴は組み上げるのに動かないよう固定するための穴ですが、道路に普通にあけてしまう、京都の心いきに、拍手です。

Yamaboko19

もちろんこの筋は通行止めです。

Yamaboko20

これだけ見てるとまるで、SLの車輪のようです、SLが参考にしたのかもしれません。

Yamaboko21 

車輪の台座これは迫力あります。

Yamaboko22

凄い!

Yamaboko23

結構完成に近い山鉾も沢山ありました、幹線道路で立てるものも多く、そこは普通に車がいきかってます。

Yamaboko24

他の山鉾ですが、かなり完成していますね、飾りが各町で違いますね、この高さわかります、ビルの10階近くあります。

Yamaboko25

見てください、この高さ半端ではありません、これに合わせて道路も作られています、なんせ何百年続いていますから、道路には邪魔なものは一切ありませんし作らせない。

Yamaboko26

一通り他のものを見て菊水鉾町の帰りに再度みましたが、あまり進んでいませんでした、この日は雨にお降り方もけっこうあり、それが進まない原因ですね、てっぺんの飾りが付いていました。

Yamaboko27

これだけでも20mぐらいあるかな?

Yamaboko28

立てるのをみたかったけど、時間切れとなりました、すべての山鉾がそろったところを見てみたいです、ぜひ!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベアブリック 1000% fragmentdesign

Bear_f1

久しぶりに買いました、1000%フラグメントデザイン!

Baer_f2

シンプルなほどカワイイんだけけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

LEVIS’505!

Levis_505a

大好きな、LEVISのリジットリンス、しかしこの素材は洗濯してもほとんど色落ちがしない特殊な加工がほどこしてあり、リンス好きな私にはたまりませんね。

Levis_505b

こうゆう収納袋が付くだけでも、商品の価値が高くなると思います、遊び心です。

Levis_505c

中の縫い代なんかも赤になってたりと、ファスナーのポケットがあったりと、それも赤で、色落ちしないのは普通の人は嫌なのかな、以前から出ているのは知ってきになってましたが、セールで安くなってたので、細身なのもいいですね。

Levis_505d

科学とゆうかなんか未来になってくると、不可能が可能になる方が多くなるのでしょうね、それもファッションの進化、流行につながるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

2010ZIL!

面白いね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

7月7日?

Rolex

みんなが7月7日で七夕七夕とゆうので、え~まだ6日なのにとさっきまで思っていました、30日終わりの月は日付を変えるのをよく忘れます、時計が6日のままでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

KYOTO SHIRAKAWA!

Shirakawa1_2

骨董通り!

Shirakawa2

白川、京都の川はどんな小さな川も綺麗です、大事にされているのがよくわかります。

Shirakawa5

なかよく夫婦で、気持ちよさそうです。

Shirakawa3

芸子さんが夜になると、通う通りです。

Shirakawa4

ずいぶん年よりですが、店番してました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KUWAHARA!BMX

Kuwahara_bmx_b

オールドスクールのKUWAHARAお得意のBMX、とってもかわいい!

Kuwahara_bmx_cl

個人的にはこのクロームかな。

Kuwahara_bmx_w

日の丸カラーもいい感じ。

KZ-01

パイプ径、エンド、ガセット等、細部まで往年の名車【KZ】シリーズを忠実に再現した【KZ-01

独自のV字クロスバーのハンドルや、DIA-COMPE社のブレーキレバー&アーチ、コンポジットホイー

ル等、パーツにもごだわったバイクです。

カラー:ブラック・ホワイト・クロームポリッシュ

希望小売価格:¥50,400.(税込)

予約受付中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一澤帆布!

Hanpu1

遺産相続でもめにもめて、どろどろの裁判までに発展した、かならず遺産でもめるいやな人間の性。

Hanpu2

兄弟のきずななんてありません、一澤帆布対信三郎!

Hanpu3

もうこれで商品のイメージはずいぶん変わったと思います。

Hanpu4

昔からかわらないロゴが、なにか、なつかしいです、10数年まえはだれも見向きもしなかった普通のお店だったんですが、おしゃれな連中がこのロゴの鞄を持ったことで一躍脚光を浴びることになりました。

Hanpu5

現在一澤帆布はお休み、訴訟中!

Hanpu6

信三郎は営業中、だけど相当儲けたようで、どちらのお店もコンクリートの綺麗な新店で、しかも横に入ったところには作業の家が同じような景観で建っていました。

Hanpu7

どんなにもめようが、お金がかかわると人間が変わるんですよね、いやですね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

六道珍皇寺!

Rokudoua

六道珍皇寺この世と冥土の境目と呼ばれる所です。

Rokudoub

ここがその辻になります、ここから向こう側は冥土への入り口です。

Rokudouc

綺麗な門です。

Rokudoud

綱の先には 冥土 その綱を引けば鐘の音が響き遙か彼方のあの世まで届くといわれている、京のお盆 人々はこの世に先祖の霊を迎えるために【迎え鐘】を挽く死者の魂を送る鳥野辺へと続いた六道の辻 今は 黄泉の旅人たちが家路を急ぐ

Rokudoue

冥土に届くといわれている、迎え鐘、こわ~

Rokudouf

小野 タカムラといゆう人はこの世とあの世を行き来していたといわれる方です。

Rokudoug

この奥の井戸が冥土に続く道らしいです、窓からしか見れません、とても不思議な所で、本当だと思いました。

Rokudouh

あの世への入り口と、完全に書かれています。

Rokudoui

ずいぶん雨に打たれていたのでしょうか、かなり丸くなっています。

Rokudouj 

現在は屋根のしたにあり、保存されています。京都は本当に不思議な町です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河井寛次郎記念館2!

Kawai_a

真鍮製の変わった形のストーブです。

Kawai_b

寛次郎邸の2階部分です、木が自然に磨かれて綺麗な風合いを出していますね。

Kawai_c

調度品の形や素材が変わったものが多くて、そのような方だったんでしょうか。

Kawai_d

最初気が付きませんでした、なんか黒いかたまりが机の上に?

Kawai_f

なんと猫が身動き一つせずに、寝ています。

Kawai_g

なんせ、変わった置物のオンパレードです。

Kawai_h

アフリカ風?

Kawai_i

意味不明?

Kawai_j

Kawai_k

この2階の部屋も完ぺきです、猫がぐっすり眠れる環境があるようです。

Kawai_l

芸子さん風?

Kawai_m

1階から真ん中部分は吹き抜けになっています、ロープがあるところをみると大きなものを釣り上げて2階に運んだのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河井寛次郎記念館!

Kyoto74a

京都にある、河井寛次郎記念館に向かいました、京都は観光シーズンでもあり、沢山の人であふれていました。

Kawai74a_2 

昔の何のことはない古い家なんですが、陶芸をここで製作されていたようで、数々の賞を受賞された有名な方です。

Kawai74b

普通に住宅外の一角にあります。

Kawai74c

いなかの古い建物を参考にして、民家とゆうカテゴリーで自分が居心地の良い作りになっています。

Kawai74d

いなかの風景ですね。

Kawai74e

まあ空間の取り方の広いこと。

Kawai74f 

もちろん囲炉裏は当たり前。

Kawai74g

この暗い感じは日本の家屋で、なつかしい。

Kawai74i

この感じはそのまま日本の民家です。

Kawai74j

すだれが心地よい風を入れてくれます。

Kawai74k

もちろん当時は井戸で水を供給していました、家の中にあります。

Kawai74l

こんな部屋で眠れば、良い夢が見れそうです。

Kawai74m

一番小さい窯、祭ってある意味が強いようです。

Kawai74n 

形がカワイイです。

Kawai74o 

これが、私の中で一番のおどろきと感動です、登り窯。

Kawai74p

実物はすごく迫力があります、数々の焼き物はここから生まれたようです。

Kawai74q

ほんとすばらしい窯です。

Kawai74r 

人が一人入るのにぎりぎり。

Kawai74s

まあ、これを見て喜んでいるのは私だけ?

Kawai74t

中はひんやりして意外と心地よいです、焼き物の気持ちになります。

Kawai74u

守る!

Kawai74v

燃やすのに相当な木が必要だったようですが、大変です。画像が多いのでパート2に続きます。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

FCRB!

Fcrb1

堀江のSOPHに行きました、目的はFCRBです。

Fcrb2

企業のマーク・ナイキのスウォシュマークの上にネームを入れるのが今季最後となることもあり、必死でお店までいきました、紺のTシャツ最後の1枚¥9,000なり。

Fcrb3

これが本命のGYMジャケットうすくて割合ぴったりした形もフードがありなかなかカッコイイです、ブルーが気になってましたが、全国的に完売なんで、このグレーが1点のみ残っていたので、必死になりました、サイズもMが理想でしたが、Lのみとゆうことで試着もしたかったので、大丈夫でした、これで、梅雨の雨のなかばんばん行くぞ~

Fcrb4

初期の形に近いらしくて、2010のゴールドが渋い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

CT110 TEN BIKE!

Ct110_71a

久しぶりにCT110の入荷、10台組むのに汗だくでした、でも妙な充実感があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »