« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月29日 (金)

twitter!

twitter!はじめました、私とtwistしたい方はぜひどうぞ!

twitter!Twitter

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

i pad!

発表されましたね、I PAD私は性能云々はさておき、形やデザインがカワイイので非常に興味が出てきました、アメリカでの価格は$500ぐらいとの事ですが、日本定価はどのくらいになるのかな、初期にI PHONEを買ってるんで、こちらの方が価格てきには、あるいわ使いがってではいいかもしれません、本のサイズとゆう所がみそで、小さくなりすぎたデザインが多いので、逆にいいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VANS MASH!

Vans_toul

VANSのアメリカで販売しています、170cm以上もあるバスタオルです、ほわほわしていて使い道いろいろです。

MASHの限定Tです、関東バージョンは黒で、グレーは関西限定のようす。

Mash_t1

Mash_t2

Mash_t4 Mash_t3_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

鹿 全頭安楽死 池田 五月山動物園!

大阪府池田市は22日、市立五月山動物園で飼育中のホンシュウジカ18頭について、結核の感染が広がるのを防ぐため、すべて安楽死させると発表した。昨年10月と今月に結核のため1頭ずつ死に、その後の検査で18頭中12頭の感染が確認されたため。五月山動物園は昭和33年、シカのみで開園しただけに、市は「苦渋の決断だった」としている。

 池田市によると、今月8日に4歳のメスジカが結核の疑いで死んだのを受け、残る18頭にツベルクリン反応検査を実施。その結果、12頭の感染が確認された。

 市は昨年10月に2歳のメスが死んだ後も同様に全頭を検査し、感染していた5頭を殺処分したばかりだった。動物に対して投薬治療を適切に続けるのは事実上無理なことから、これ以上の感染を防ぐために全頭の処分に踏み切った。人間にうつる可能性は低いという。

 動物園は20日から休園しており、再開は2月以降になる見込み

この前行ったところなんで、他に方法はないのでしょうか、かわいそう、とてもつらい、なんで?

ニホンジカの亜種で、日中は森林内で休み、朝夕は草地でイネ科の植物を中心に木の葉や種子などを採食する。秋の繁殖期は1頭のオスが率いる10頭前後の群れを作り、それ以外は別々に群れを作る。日本には他にエゾシカ・キュウシュウジカ・ヤクシカ・ケラマジカなどの亜種が分布する。

Shika_honsyu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

Procol Harum!

1967年プロコルハルム、青い影、イギリス出身のグループで、この曲をわかる方も多いとおもいますが、この1曲だけで、いまでも映画やCMで使われることがある、永遠の名曲です、名曲はやはりイギリスのアーティストが多く、ビートルズやローりングストーンズはもはや説明はいらないと思いますが、当時のイギリスはそれほど沢山の音楽家がひしめいていたことでしょう。

これは当時の演奏のプロモーションフィルムですが、とても雰囲気がいい感じです。ファッションがなんとも、これが始まりで、ここからがすべてでした。

ボーカルのゲーリーブロッカーは現在も現役で、見てください、すばらしい演奏ではありませんか、継続は力であり人間の目的でもあると思います、死ぬまで私の心に残る名曲の一つであります、今まで何千回聞きました、飽きません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

池田のえべっさん!

Ikeda44

池田の駅の裏側にある、えべっさんです、呉服神社、名前からすると着るものファッションの神さんなんでしょか。

Ikeda45_2

綺麗に本殿はリペアされていました。

Ikeda46

すこし個性的な顔の狛犬さん。

Ikeda47   

しみの付きかたはどの狛犬も同じです。

Ikeda48

ようやくえべっさんの意味がわかってきました、えべっさんは耳が遠いらしく、京都のえべっさんもそうでしたが、大きな声でとか、ここは板を木槌で叩いて、えべっさんにわかってから拝むとゆう。、気をついてもらうための儀式だったんです。

Ikeda49

叩き板とゆうらしいです、かならず奥にえべっさんはいらっしゃいます。

Ikeda50

カワイイ社の並び。

Ikeda51

左が山神さん。

Ikeda52

右が海神さん。

Ikeda54

せっかくなんで、インスタントラーメン博物館で、全国のその地区限定のラーメンセット¥500なりを買ってかえりました。

Ikeda55

池田で買ったイノシシの肉で、帰った日の晩御飯は、ボタン鍋をしました、すこし歯ごたえはありますが、おいしいとおもいます、だしの取り方次第では、最高なんではないでしょうか。

Ikeda56

マニュアル付きです、池田編はこれにて終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

池田 植物園!

Ikeda30

池田の植物園まで、足を伸ばしてみました、まだこんな遊具が残っていました、今なら絶対に危険だとゆうことで、作れない遊具でしょうね、探検ごっこなんてするのにはもってこいな場所です、昭和の名残りです。

Ikeda31

植物園の中は異様に暑くて湿気が多いので、まるジャングルのような気持ちになります。

Ikeda32

すべて人間の手がはいっているので、みんな元気です。

Ikeda33

サボテンとゆう植物とても変わっていますよね、刺があり身を守るなんて、だれが考えたのか、いつも不思議に思います。

Ikeda34

実際はもっと鮮やかな赤です、心ひかれる色には間違いありません。

Ikeda35

Ikeda36

まるで雪のような白いふあふあなサボテンさん、赤い花が別の花のようです。

Ikeda37

帰り道にあったお寺さんの瓦軍団、すばらしい造形で、アートともいえるのではないでしょうか。

Ikeda38

この黒光りした色が本物の瓦です。

Ikeda39

これだけ綺麗に並ぶと、壮観です。

Ikeda40

すこしやれた瓦さん。

Ikeda41

池田の商店街に戻ってきました、落語ミュージアムなるものがあります、池田市立です。名誉館長は桂 三枝さん、副館長はつるべさんでした、たしか三枝さんは池田出身でしたよね、当時大学生だった三枝さんも偉くなったものです。

Ikeda42

日の出さん、イノシシの肉の販売です、、めずらしいので、すこし買ってかえりました。

Ikeda43

廃業された、食堂のショーケースにまるで狸?とおもわせる本当は年老いた猫でした。チャーハンがまだ飾ってあり、なんで?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

池田 五月山!

Ikeda16

次に向かったのは、五月山公園です、綺麗に整備されているので、家族連れがほとんどです。動物も数は少ないですが、きちっと飼育されています。それより横にある伊居太神社に興味しんしんです、イケダと読みます、池田の名前の由来になるのかな。

Ikeda17    

ここの神社も何百年とゆう古いものいです。

Ikeda18

山の中に自然にあるようなたたずまいで、自然な感じです。

Ikeda19

社ごとに、狛犬さんが守りを固めています。

Ikeda20_2

この木は非常に元気でした、まだ若いからかな。

Ikeda21 

まだらになっても貫禄充分です。

Ikeda22_2

やさしそうな表情です。

Ikeda23

この奥は本殿のようですが、かなり補修が必要な状態で、奥にはもちろん入ることはできませんでした。

Ikeda24 

枯れた神木が社に守られています、永遠なんでしょうか。

Ikeda25

非常に元気な姿。

Ikeda26

由来がかいてありますが、漢字が多数用いられて、読むのがむずかしい、理解は、もっと難しいです。

Ikeda27

こちらが、正門です。

Ikeda28

昔の人たちはこの急な階段を同じように上っていたんでしょうね。

Ikeda29

大昔はこの小高い山にこの神社だけがあったんでしょう、そのことを創造しながら、歩きまわると、大変面白いです、まだまだ日本発見はあります、まだ池田は続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火)

池田城跡!

Ikeda1

郵便ポストに池田の推進動物が!

Ikeda2

池田にもビリケンさんがいました。

Ikeda3

家内によると大昔からある、業務用衣料品、建物は綺麗になっていますが、当時は気味がわるかったそうです。

Ikeda4

有名なお酒の銘柄ですね。呉春!

Ikeda5 

Ikeda6

呉春!ゴシュン!

Ikeda7

この辺は池田郷とゆうんですね。

Ikeda8

池田城跡、西門、民家が横にたちならぶ、奇妙な場所です。

Ikeda9

なかなかの門構え。

Ikeda10 

桜の木も多数なんで、桜の季節はたぶん大勢の人で埋め尽くされるんでしょうね。

Ikeda11

とてもとてもカワイイ天守閣!Ikeda12

当時の棟上げの扇子がそのままです。

Ikeda13

天守閣の上まであがれます、すごく景色は良好です。Ikeda14

綺麗に整備されて気持ちのいい場所です。

Ikeda15 

人があまり来ていないので、私自身はその方が、いいですが。 池田はまだ続きます~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)

LEVIS ECO BAG!

Levis_eco1

LEVISのECO BAGです、なかなかのいい感じです、アメリカで販売されているものです

Levis_eco2

ニューヨークバージョン、とても絵柄がカワイイです。

Levis_eco3

裏側もこんな感じです、あこがれのNYC!

Levis_eco4 

これは日本で販売されているものです、雰囲気がぜんぜん違いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木)

CINELLIxMASH!

Chneri1

もお自転車は作るまいと思っていた矢先に、このような物を見せられてしまい、I君の食いつく食いつくの掛け声とともに購入してしまいました、チネリxマッシュまずこのカラーをすでに前からイメージしていたところに、アルミ素材でグレーとくれば、買うしかありません。

Chneri2

アルミは塗装ののりがよく車の塗装のように綺麗に見えます、マークがかわいい!

Chneri3

いいカラーでしょ、これから他のパーツを探して組み上げますが、時間がかかりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平野 大念佛寺!

Hirano55

大念佛寺、すばらしく大きなお寺さんです。

Hirano56_2

宝物殿?

Hirano57

この広い中に入れます。

Hirano58

これだけ広く、綺麗なお寺さんはあまり見たことがないです、緊張しますね。

Hirano59

まさに厳粛な部屋です。Hirano60

Hirano61

Hirano62

Hirano63

Hirano64

この楠のすばらしい、コンデション、まさに今を生きている証そのものです。この根っこみてください、まるでタコの足に見えませんか。Hirano65

Hirano66 

Hirano67

Hirano68

Hirano69

Hirano70

ほんと街中にあるお寺さんでは、すばらしいスタイルです。

Hirano71

この元気な姿、うれしくなりますね。

Hirano72

大晦日にはこの大きな鐘がつかれたんでしょうね。Hirano73

ここが正面みたいです。

Hirano74

お寺が好きな方にはお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

平野郷2!

Hirano33

杭全神社えべっさんですね、けっこう賑わいがあり、楽しそうな所です。

Hirano34_2

これまた古い神木です、セメントで固められていますね。

Hirano35

時代の生き証人です。

Hirano36

1150年すごいです。

Hirano37

出世えびすさん。

Hirano38

Hirano39

奥にも神木がありました葉っぱがないので、イチョウの木かな。、

Hirano40

すこしファニーな狛犬。

Hirano41

顔の大きめな狛犬さん。

Hirano42

立て髪が長い狛犬さん。Hirano43

屋根も避けなければなりません。

Hirano44

ベストショットな位置関係です。

Hirano45

迫力あります。

Hirano46

本殿!Hirano47

まさにガルルとゆう感じ。スタイルいいです。

Hirano48

おしとやかな狛犬さん。

Hirano49

この柱はたしか、150年もの。Hirano50 

ここをくぐると。身も心も綺麗になるかな。

Hirano51

長宝寺、ここはこじんまりしたお寺ですが、なんだか静粛な感じで地元の方が来られてはお参りされていました。

Hirano53

ここ平野はお寺が沢山点在して、街並みも綺麗で、大阪のイメージからはかなり違う雰囲気でした、落ち着いた中にも歴史があり、重要なものが沢山残されています、散歩には大変よいのではないでしょうか。Hirano54 

商店街は昔のままのように、残されたお店が沢山ありました、すばらしい所だと思いました。まだ平野は続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

平野郷!

Hirano1

Hirano2

Hirano3_2

Hirano5平野中央商店街にでかけました、平野はイメージがあまりわかなかったんですが、商店街は綺麗です、どこのお店も平野郷の提灯があり、このイメージをとても大切にしているのがよく理解できました。重要文化財に指定されています、小林新聞店さん朝日新聞なんですね。

Hirano6

Hirano7

ここが一番みたかった所です、全興寺さん地獄がみれるとゆうお寺さんです。うそをつくと舌をぬくなんて、子供のころよく親からいわれた事を思いだします。

Hirano8

Hirano9

まあ、いろな便利なものが沢山あり、霊場がここには集結していて、一度ですべて回れてしまうとゆう便利な所でもあります。西国三三ヵ所石仏さん

Hirano10

お供えもののおもちも外から見えるように置いてあります、お正月らしくてとてもいい感じです。

Hirano11

一願不動尊。

Hirano12

水をかけて願うと、願いがかなうようです。

Hirano13

Hirano14

Hirano15

かならず置いてある、瓦の先っぽ。

Hirano16

非常に綺麗な建物です、本堂。

Hirano17

鬼瓦さん。なんとも不思議な石、頭を入れてみましたが、なにも聞こえませんでした。

Hirano18

Hirano19

Hirano20

すばらしい、コンディションの飾りものたち。

Hirano21

ステンドグラスの曼荼羅。88か所の砂入りの手すり。

Hirano22

狛犬ウオッチャーには事欠きません。カワイイ社。

Hirano23

Hirano24

Hirano25

Hirano26

涅槃仏、(お釈迦様の寝姿)上の飾りはモールス信号をあらわしているようです、

Hirano27

石の形がとてもいいです。

Hirano28

ここが地獄の入口。

Hirano29

思わず、変なものが写りこみましたね。こんなん小さな子供に見せたら、えらいことになると思うけど。

Hirano30

Hirano31

Hirano32

昔の玩具や、おかし、日用品などが展示されています。平野はまだ続きます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

CT110モノチリ・フルコンプモデル!

説明不要の総額80万円、ご希望の方はお作りいたします、モノチリ真骨頂!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

DAY4!

2010_kc1

神戸花熊から湊川神社にむかいました、屋台の赤が綺麗です。

2010_kc2

湊川神社の中にあるお稲荷さん、また赤。

2010_kc3

お稲荷さんは赤がトレードカラー。

2010_kc4

もちろん鳥居も赤!

2010_kc5

それから湊川商店街を歩き、北野へむかいました、グリーンのカラーのなんやらあたらしい建物がとおもいきや、なんとスタバ、違和感ありありです。

2010_kc6

北野天満宮から見た景色がまたすばらしい、こんな高台によくぞ建てたものです。

2010_kc7

名前わすれました、館の名前。

2010_kc8

すばらしい、空気と敷地内の雰囲気は抜群です。

2010_kc9

ここが北野天満宮の最上階、しんどい!受験生がここも多いです。

2010_kc10

北野から降りる坂はネオンのデコレーションが、ぱらぱらと観光客がいますね。

2010_kc11

生田川神社、サラリーマンの集団のお祓いがものすごく多い所です。

2010_kc12

ものすごく歩きました早いペースで、最後は三宮の高架下から、元町まで戻り、上島コーヒーでミルクキャラメルコーヒーをいただき、帰りました、休みはあと1日か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DAY3!

2010_os1

福島から歩きはじめて、まずは新地、まったくわたしには縁のない場所ですが、朝の顔はちがいます、昔のタクシー乗り場、こんなんでしたね、まだありました。形がどくとくですね。

2010_os2

ビルとビルの間にみごとにそびえ立つ、鳥居さん。天神さん

2010_os3

アトリエ?

2010_os4

芸能人多数出場?

2010_os5

人・人・人・人、入場制限、はいってもお賽銭箱までたどりつけない。

2010_os6

しめ縄、かなり太い。

2010_os7

木の障子に書かれた、すばらしい絵。

2010_os8

本殿はここからしか見れません。

2010_os9

天神橋商店街、ここは相変わらず人の波が押し寄せてきて、食べることが第一です。

2010_os10

すばらしい、夕がたの天気!

2010_os11

綺麗やね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

DAY2 2!

Nara_2a

次にむかったのはゆうまでもありません、東大寺です。

Nara_2b

相変わらず、圧倒的な存在感があります。

Nara_2c

大仏さんに会えると思うと、心がときめきます。

Nara_2d

思ったよりは人出が少ないです。

Nara_2e

線香のにおいがとても素敵で、心落ち着くなつかしい香りなのは前生の感覚を覚えているからでしょうか、そんな気持ちになりませんか。

Nara_2f

Nara_2g

Nara_2h

Nara_2i 

Nara_2j

大仏さんもそうですが、中にある何体かの大きな像はものすごい迫力で、人間が作ったようには見えません、何時間も見ても飽きそうにないです。さすがに大仏さんは人気で、入り口付近は凄い人出でした、柱の通り抜けは家族連れが並んでいました。

Nara_2k

ほんとうにいつ見ても、穏やかな表情で、なんとも言えない気持ちになります。

Nara_2l

二月堂の下にいる鹿たち、おしりの毛がカワイイですね、奈良の鹿たちも年々数が減っているようで、そのなかでも一番の原因は車にはねられるのが多いようです、奈良では鹿は神様の使いなんですが、なんとか安定した数を確保したいものです。

Nara_2m

二月堂、ここも素晴らしいロケーションです、大仏殿から、ずっといっしょでした、ブロンドヘヤーの20代前半ぐらいの女性の2人づれの外人さん、あまりしゃべることもなく、見るものの意味もわからず、でも異国の地で2010年の1月2日にここにきて、旅行ですね、すごいことだと思います、日本の方でなかなか逆の事はできないでしょう、海外の方は動じることもなく、楽しんでられる、楽しめる、日本人にはない、開拓精神が生まれながらにあるんでしょうね、日本は島国なんで、しかたないですね。

Nara_2n

Nara_2o

Nara_2p

二月堂からの景色を昔の人もこんな感じで見ていたんでしょうね。

Nara_2q

ここの木で出来た床が擦り減ったりしているのが、とても好きです。

Nara_2r

ここの階段急なんですよね、昔の人着物なのに不便ではなかったのかなといつも思ってしまいます。

Nara_2s 

二月堂を降りて左手に小屋があるのをご存じですか、何回もきていると見えてくるものが奈良には沢山あります。

Nara_2t

これが、聖なる井戸と呼べばいいのでしょうか、お水取りの儀式の始まりだと言われています、小屋の中の井戸があるようです、小屋の周りは邪悪なものから守るための木が縛られています。

Nara_2u

こちらが、正面になりすごく厳重に守られているのがよくわかります。

Nara_2v

重要文化財です、あかいやとゆう文字にもとても深い意味があるようです。

Nara_2x

Nara_2y

帰りの道もすごく綺麗に整備されていました、土壁いいですね。

Nara_2z

この屋根の形といい、屋根瓦のデザインといい、カッコいいです。

Nara_2aa

まだまだ東大寺のまわりには、いろんな興味深いものが沢山あり、見つくすことはまだ先になりそうです。

Nara_2bb

正倉院の道沿いにある、この木たちをみてください、だれかが刈ってこのようにしたのではなく、自然にこのような形になっています。

Nara_2cc

木自身も非常に元気で、見てるだけでわかります。

Nara_2dd

ここは鳥たちにも、とても住みやすい森です。

Nara_2ff 

大きな盆栽ですね。

Nara_2hh   

Nara_2ii

鹿と戯れる若者、なにをしてるんでしょうか?

Nara_2jj 

こんなお寺があったのはしらなかったです、とても奇麗な庭でした。

Nara_2kk

古い家を使った、ギャラリーと喫茶店ですが、4日から営業でした、残念。

Nara_2ll

昭和30年代はみんなこんな家だったんですが、残っているのは少なくなりました、もちろんリペアはされていますが、雰囲気を壊さずやるところがむずかしいと思います。

Nara_2mm

今度家を建てる機会があれば、こんな家もいいかな、あるいは廃校を丸ごと買いたいな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

2010 DAY2 1!

Nara_2010a

2日めは奈良の平城宮跡に行きました、いままで横を通りすぎるだけでしたが、改めてあるくと、当時の施設の広さにおどろかされるばかりです。

Nara_2010b

電車が真ん中を通るのもなんだか、最近になって発見されるのも、残念ですね。

Nara_2010c

この広さわかりますか、全部元は田んぼです。

Nara_2010d

建物があったらしい場所には、このように基礎が残っています。

Nara_2010e

当時はこんな感じで反映をおおかしていたんでしょね。

Nara_2010f

とにかく広い、子供のタコあげの場所になっていました、そら、じゃまなものがまったくないですもん。

Nara_2010g

門が遠くにみえます。

Nara_2010h

ほんととてつもなく、広いです。

Nara_2010i

土壁が再現されていました、年百年も持ちますから

Nara_2010j

Nara_2010k

とてもいいところなんで、お勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

2010 DAY1!

Kyoto_2010a

2010年の1月1日は京都に向かいました、昼すぎにでましたが、思ったより込む事もなく、割合とすんなり到着しました、さすがに大きな大丸などはまだ閉まっていましたので、大丸の駐車場はご覧の通りです。

Kyoto_2010b

小さな、お店はけっこう開いていたりします。

Kyoto_2010c

錦市場のかぶ!綺麗ですね。

Kyoto_2010d

錦湯さん、とても古い銭湯が京都には沢山残っていますが、廃業された所も沢山あるようです。

Kyoto_2010e

どうですか、3階立てですか、いや2階かな。

Kyoto_2010f

銭湯で寄せ、京都の方はとてもユニークな方が多く、おもしろい企画をすぐに実行される、見習わなけではいけません、大事なことです。そうして銭湯も生き残れるのだと思います。

Kyoto_2010g

銭湯でお祭り?いろんな企画が満載で、面白いし興味深いです。

Kyoto_2010h

男!

Kyoto_2010i

女!

Kyoto_2010j

鴨川の橋の上からみえた、カモ、とてもキュートで綺麗です。

Kyoto_2010k

路地裏に止められた、ミニトラベラー、とても雰囲気があり似合ます。

Kyoto_2010l 

後ろ姿が私は一番好きです。

Kyoto_2010m

隙間から見える、えべっさん。

Kyoto_2010n

たたいて主張するのかな?

Kyoto_2010o

綺麗な建物です。

Kyoto_2010p

京都のお寺や神社はやはり京都らしい風情があります。

Kyoto_2010q

Kyoto_2010r

鳥居にある、えべっさんのくまでに後ろ向きで、お金をなげて、くまでに入ると商売繁盛、健康が約束されるようです、結構運動神経の良い方は入れてられましたが、後ろ向きがとても気分がわるくなり、なかなか入りません。

Kyoto_2010s

京都のえべっさん、沢山来られてました。

Kyoto_2010t

すぐ近くにあった、やたら、イノシシを祭るお寺さん。

Kyoto_2010u_2

Kyoto_2010v 

Kyoto_2010w

Kyoto_2010x

Kyoto_2010y

Kyoto_2010z

イノシシのオンパレードですが、とても良い場所です。

Kyoto_2010aa

柱の飾りは狛犬とイノシシです。

Kyoto_2010bb 

二女の干支がイノシシなので、ちょうどおみくじがイノシシの置物のおみくじでしたので、購入して帰りました、この日は雪がちらつくとても京都らしい寒い一日でした、でも京都まだまだ見たい所が沢山隠れていて、いくら時間があっても足りません。2日めに続きます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

31日!

Mono_cili

30日の夜はまだ、年賀状作りに少しあせりながら、夜中の3時までがんばりました、31日も続きを12時まで、がんばりようやく終了です、現在12時8分、2010年に突入いたしました、みなさん今年もよろしくお付き合いください、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

30日!

Osaka1

30日は大阪にでました、いつものビルたちが、駐車場は静かなものです。

Osaka2

セレブカー!

Osaka3

いつもの大好きなビル群。

Osaka4

御堂筋ももう仕事をしている方はいません。

Osaka5

もうすぐここも初もうでの人で埋まることでしょう。

Osaka6

元気な姿で、2010年を見守る木、いままでいろんな歴史を見て来たことでしょう。

Osaka7

今年はトラ年のようですが、描かれる姿はいろいろです。

Osaka8

ブロンズ像のような狛犬!

Osaka9

手足が長い。

Osaka10

少しこわもての、なんだか意味ありげな、狛犬さん。

Osaka11

靭公園よこにある、超有名なパン屋さん、いつも長い列があります。

Osaka12 

凄いいい感じの文字。

ぜひ見に行きたいです。

Osaka13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »