« THE CLOSER! | トップページ | DAVID&GOLIATH! »

2008年6月17日 (火)

MC!

満タンにするだけでかなりの金がかかるFamily Truckster[コメディ・シリーズ『ナショナル・ランプーン』の映画『ホリデーロード4000キロ』に登場する悪趣味な改造ステーションワゴン]に代わる乗り物として、オートバイやスクーターは魅力的だ。

それもあって、オートバイやスクーターの販売実績は急上昇している。だが、二輪車に乗っているからといって、四輪車に乗るよりも環境に配慮しているということにはならないかもしれない。

1マイル(約1.6キロメートル)単位で比較すると、普通のオートバイは、乗用車や軽トラック、SUV(多目的スポーツ車)の10倍大気を汚染することが判明したのだ。燃費効率が自動車よりも約2倍高く、二酸化炭素の排出量が自動車よりもはるかに少ないことを考えると、これは直感に反する結果のように思える。

では、二輪車が四輪車よりも大気を汚染するという根拠は何だろうか?

Susan Carpenter氏が『Los Angeles Times』紙のコラムで、その根拠を詳しく解説している。Carpenter氏は、オートバイやスクーターがカリフォルニア州の登録車両の3.6%にとどまり、延べ走行距離は全車両の1%にすぎないにもかかわらず、スモッグの原因となる車両排気ガスの10%を占めていることを発見した。

オートバイは自動車と比べて、エンジンの燃費効率が2倍高いので、一般に二酸化炭素の排出量は少ないことは、Carpenter氏も認めている。だが、オートバイは大量の窒素酸化物(NOx)を排出する。

州や連邦政府の大気保全当局は、炭化水素や一酸化炭素とともに窒素酸化物の測定を行ない、車両が排ガスに関する基準を満たしているかどうかを判断している。

触媒コンバーターなどの排出ガス管理装置を使えば汚染度は改善するが、大きすぎたり、重量がありすぎたり、高温になりすぎたりするため、オートバイには搭載できない場合が多い。こうした理由や、Carpenter氏がコラムの中で概説している他の理由から、オートバイの排気ガスについては、米環境保護局(EPA)やカリフォルニア州大気資源局(CARB)も自動車の場合ほど厳しくない。

「[オートバイの]排ガス規制は今後かなり厳しくなるだろう。だが、オートバイの現状から見れば適正だとわれわれは考えている」というCARBのJohn Swanton氏の言葉を、Carpenter氏は引用している。

おことわり:この記事を書いたChuck Squatrigliaはオートバイに乗っている。

[日本語版:ガリレオ-矢倉美登里/長谷 睦

2輪は少ないと思っていた方がほとんどではないでしょうか、実際は汚い排気ガスを垂れ流していたようです、車の方が数十倍クリーンなエンジンだとゆうことですね。

|

« THE CLOSER! | トップページ | DAVID&GOLIATH! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MC!:

« THE CLOSER! | トップページ | DAVID&GOLIATH! »