« LOST IN TRANSLATION! | トップページ | POLAROID MANIA! »

2006年11月16日 (木)

IZIME!

いじめ自殺:素早い対応で防止 母親が体験語る

大阪府富田林市の中学1年、大川理恵さん(12)の自殺で、家族が明かした「チビと言われて泣いていた」といういじめ体験。同じ悩みを持つ長男が同様のいじめに遭い、自殺を何度も口にしたという首都圏在住の女性(43)が「周囲の理解もあって乗り越えた。その体験を伝えたい」と家族の闘いの経緯を語った。【竹中拓実】

 女性の中学3年の長男(15)は幼少時、成長ホルモンの分泌が減って身長が伸びにくくなる難病と診断された。小学校入学時の身長は3歳児並みの95センチだった。

 最初にいじめに気付いたのは入学後間もなく。通学路でランドセルをいくつも頭の上に乗せられているのを上級生が見かねて伝えてくれた。「人間だるま落とし」。名前まで付いているのを聞き、血の気が引く思いがした。

 6年生になり、いじめが悪化した。身長は小6の平均より30センチ低い115センチ。秋ごろから、女性の財布の現金が少しずつ減るのに気付いた。額が10円単位から100円単位、1000円単位と増えていく。当初は「落としたのか」と考えたという。

 そして元日。新年の抱負を話していたが、「僕はもう死にたい」と長男が口にした。理由を説明してくれない。2月にバッグから10万円が消えた。女性は長男を捜し、家電量販店で同級生たちに1万円ずつ渡していた現場を見つけた。10円単位のおごりが1万円単位のゆすり、たかりに発展していた。

 女性は自殺にまで至らなかった理由の一つに「学校の素早い対応」を挙げる。その日のうちに、校長は関係する児童と保護者を呼び、一家族ずつとじっくり話し合ったという。

 長男は今、高齢者介護の職場で働く夢などを語る。大川さんの報道について家族で話した時、経験を伝えようと決めた。

 女性は「外見をからかうのは子どもではよくあること。そんないじめがなくなるなんて思っていません。ただ、そのたびに周囲の大人には『そんなことを言ってはいけない』と指導してほしい」と願う。

 「学校がいじめの相談を受けた時に『しばらく様子を見ましょう』というのは絶対だめです」

毎日新聞 2006年11月16日

いじめ、絶対やってはいけない行為、因果応報でいじめなどの行為に荷担すれば必ずそれ以上の戒めが自分に返ってきます、人の道とはそおゆうものです。皆さんで協力して必ず無くしましょう、些細な事でも小さな時に対応すれば、それにこしたことはありません、学校の先生方!頼みますよ、あなたたちは聖職なんですから、また子供を持たれているお父さん、お母さんしっかりと子供のしつけお願いします。

流行りでいじめなんかやるんじゃないぞ!!

20061116org00m200049000p_size6_1 

|

« LOST IN TRANSLATION! | トップページ | POLAROID MANIA! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IZIME!:

« LOST IN TRANSLATION! | トップページ | POLAROID MANIA! »